TEL番免許証

予測せず突発的に起こるのが交通事故です。過払金返還請求を恐れずに実行するには

この場面でどんな処理する結果がポイントとなり自動車の保険金の支払いもかなり差が出るケースも想定されますので的確な考え方と対応力が不可欠です。ロスミンローヤル 評判

思いつきもしない出来事に遭遇して動揺してしまうと大事な対応を見失ってしまい後で自分自身がかなり大きな損を負う状況もありえるので自動車事故に遭遇してしまった場合は的確に以下の行動をします。

自動車の事故の遭遇した時にまずする事は怪我をした方の有無を確認する必要があります。

自動車の事故後はパニックになって虚脱状態になってしまう場面がありなかなか対処できないのが通常です。

重軽傷者がいたならば安全な場所に移動してから処置を行って周囲の人に助けを呼ぶ等して負傷者最優先に努める必要があります。

119番に電話をする場面では明確な現場を知らせ、分かりにくい場面では周辺の有名な建造物や場所名を知らせその地点を特定できるようにします。

2番目に警察署に連絡して車の事故が起こった事、現在の状況を伝えます。

救急車と警察が来るのを待つ内に負傷者のことを確認します。

氏名、住んでいるところ、TEL番免許証、ナンバープレート、事故の相手の保険の会社名等お互いのことを教えあいます。

この時相手側に不手際がある状況ではその場で解決しようとする状況がありますが現場で処理するのではなく、どういう場面だったにせよ警察署や自動車保険の会社に届け平等にチェックしてもらうことが重要です。

関係者の連絡先を教えたら他の車のじゃまになることをやめるために邪魔な物を路上からどけます。

仮に邪魔な物が他の人の妨げとなっている状態では互いの情報交換をするより先にこの作業を完了させても問題は起こりません。

そしてあなたの加入している保険会社に連絡を入れ自動車事故が起きた事を電話します。

交通事故から特定時間の時に保険会社に電話しておかないと交通事故の保険の適用除外とされる状況もありますので時間が出来たら早く行うことが必要です。

出来たら事故の現場の証拠として、カメラやスマホ等で現場や愛車の破損状態を見ることができる写真を残しておきます。

その写真は過失のパーセンテージ決める際にとても重要な証明となりますので、あなたの車や相手方の愛車の状態をきちんと写真に残しておきましょう。

その状況で第三者がいたとしたら警察の方や自動車保険会社が来るまでその場に待機して頂くように求めることも忘れてはいけません。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.rachelandkirk.com All Rights Reserved.