ファンダメンタルズがあります

今日は為替相場というものの根本的要素に関してのお話です。

為替は「人の手で現金の送付をしなくても金銭授受の目標を成し遂げるやり取り」を示します。

普通為替といえば国際の為替について指す人が普通です。

外国の為替というのは両国のお金の引き換えを示します。

他国へ旅行(中国、ベトナム、)をしたことがあればおそらく外国の為替の体験があります。

近くの銀行に行って違う国のお金へ取り替えをしたのであれば、それはまさに国際の為替になります。

為替市場といえば、買いたいと思っている人と売ろうと思っている人の額を意味したものです。

銀行同士のやり取りによって決まってくるものです。

その銀行はマーケットメイカーと言われる指定の複数の銀行なのです。

為替のレートは種々の働きを受けつつもなお休まずにリアルタイムに変化して行きます。

為替相場を変化させて行く引き金は、ファンダメンタルズがあります。

ファンダメンタルズの意味とは経済の流れ、経済の基礎とかいろいろな要因のことを表します。

国の経済成長率や経済指数、物価指数、金融緩和、貿易収支、失業者数、重要人物の発言など複数の原因によって為替のレートは変動するのです。

この中でも貿易収支や失業者の割合は影響力が大きいと思います。

国際収支は、日本の組織でいう省庁(外務省)の用命で日本銀行が貿易統計を土台として書いた海外とのある期間の経済上のやり取りを書き記したものです。

統計は中央省庁や日本銀行のHP等で確認することができます。

雇用者の統計・無臭業者数も重大となる場合が多い項目です。

特に米国就労者の統計は影響します。

月一で公示され、検証目当てがワイドな点が大事なところです。

為替相場の変動は経済活動の変化なのです。

各国の経済の推移を読むことにより為替の相場の変動予測が可能であると言えるでしょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.rachelandkirk.com All Rights Reserved.